きりう不動産投資顧問事務所

不動産投資顧問業

「不動産への投資」をお考えの方
「投資を通じ、伝統的建造物の保存」に賛同される方

こんなことでお困りではありませんか?

所有している土地の有効活用
所有している土地を有効活用したいのですが、賃貸アパートがベストなのか判断できません。
土地を有効活用したいお客様には、その保有土地等の特性等を踏まえた具体的なプランを作成提案します。賃貸アパート・マンション以外にも貸店舗での活用など立地に合わせた方法をご提案いたします。

相続や土地の処分に関する相談
自宅以外にも不動産をいくつか所有しているので、将来、相続の際に家族がもめたり、困ったりしないか心配です。
相続における納税対策、財産承継の分割対策、節税対策等を具体的にご提案します。資産の有効活用や組み換えと共に、信託制度や遺言、成年後見制度等の利用など、総合的な検討を行います。

貸家・貸地や賃貸経営のアドバイス
適正な家賃設定や契約時の工夫など、賃貸経営のトレンドを教えてほしい。
不動産の賃貸借に関する賃料設定、契約、経営管理のアドバイスも私たちにお任せください。さまざまな事例を扱っているノウハウを活かして、賃貸経営の動向にもできる限りお応えします。

投資物件や投資情報の提供
不動産投資をはじめようと思っています。物件情報や市場の動向を教えてもらえますか。
投資物件の見極め方から実務的な手続きまで、不動産投資に関するあらゆる疑問にお答えします。

税金や法律のプロとの連携
不動産の事で税理士に相談したらいいのか弁護士に相談したらいいのか分かりません。
依頼の案件によっては、弁護士、税理士、建築士などの他の資格者とチームを組み、各専門分野の知識、経験を活かしたアドバイスをさせていただきます。専門家のコーディネイトも行いますのでぜひお声がけください。

建物の付加価値の提案や建築企画
築年数の古い賃貸マンションを保有しています。改装して物件の価値を上げたいのですが、どうしたら良いですか。
お持ちの物件の価値は、時代のニーズに合わせた付加価値によって高めることも可能です。そのために必要な建築企画のご提案から設計事務所、建築業者、管理業者等の選択についても、地場での豊富な実績をもとにアドバイスをさせていただきます。

ページの上部へ

コンサルティングの流れ

見積書・業務委託契約・企画提案書の書面を提出し、その内容を具体的に説明します。
STEP1 ご相談
  お電話やメール、相談会、ご面談などでご相談をお伺いします。相談が有料である場合、その旨の表示や事前説明をし、ご相談者の承諾を得て行います。
STEP2 見積書の提出
  調査・分析・企画等が必要になる場合は、あらかじめお見積りを提出致します。
STEP3 業務委託契約の締結
  コンサルティング業務委託契約を締結し、ご依頼の内容に従って、コンサルティング業務を開始します。
STEP4 調査・分析
  物件特性、地域特性、市場動向、法的規制、権利関係などの基本調査・分析を行います。
STEP5 関係分野との調整とコーディネート
  必要に応じて、諸官庁、弁護士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、建築士、税理士、公認会計士、不動産鑑定士、建築業者、不動産業者、賃貸不動産管理業者、ファイナンシャルプランナーなどの関係分野の専門家との調整を図ります。
STEP6 企画提案書の提出
  ご相談者の視点や立場に立って協議・検討を繰り返し、事業計画をご提案致します。企画提案書は、対象不動産の概要、市場動向、事業の基本的な考え方、建物計画、概算事業収支計画、事業リスク、今後の検討課題などからなります。
STEP7 報酬の支払い
  企画提案型コンサルティングでは、基本的に企画書を提案し報酬の授受が行われた段階で業務が終了します。
STEP8 事業執行型コンサルティングへ
  マーケティング分析、事業収支計画、資金計画などを参考にして、最も有効な方策をご相談者とともに追求し、事業化を実現します。公認 不動産コンサルティングマスターは、事業の組成やマネジメントなどに携わります。
空家の管理、活用

不動産売買、不動産信託のご相談は 遊休不動産の活用は

ページの上部へ